#カードローン活用術

主婦向けカードローンの申し込み条件や限度額について

cardloanclub

主婦といえど、時にお金が必要になる時がありますよね?内容によっては夫に相談しにくいこともあります。

そんな時にこそ使いたいカードローン、果たして主婦向けのカードローンとは?

働く主婦ならどのカードローンも申し込みOK

会社員としてしっかり働いている人なら、主婦でも問題なくカードローンを借りることができます。正社員じゃない派遣社員・契約社員でも大丈夫。

さらに、パート・アルバイトでも問題ありません。なぜなら、カードローンの申し込み条件に記載されているのは「安定した収入がある」ことだから。

この安定した収入とは、高いお給料をもらってるという意味ではなく、一定の収入が継続することを意味しています。

ただし、注意すべきは総量規制。アイフル・プロミス・アコムなどの消費者金融では、貸金業法の法律のもと、年収の1/3を超える融資を行うことは禁止されているのです。

つまり、年収が90万円(7.5万円×12ヶ月)なら、カードローンで借りられる最高額はどうお願いしても1/3の30万円まで。

この計算方法を専業主婦に当てはめると、年収ゼロのため、カードローンで借りられる金額は0円。つまり、専業主婦は消費者金融系カードローンでは、1円も借りることができないということです。

専業主婦でも銀行カードローンなら申し込み可能

ただし、収入ゼロの専業主婦でも、銀行カードローンなら借りることができます。銀行は貸金業法ではなく、銀行法の法律が適用されているため、総量規制の対象外。

よって、年収の1/3という括りに関係なくお金を借りることができます。でも、夫に安定した収入があることが条件となります。

夫に安定した収入があれば、夫の承諾も必要なく夫の会社への連絡も行かずに、専業主婦の本人確認書類さえあれば、申し込み・審査が可能です。

これなら、ほとんどの専業主婦がカードローンを利用できるのではないでしょうか?

主婦が借りるカードローンの限度額は30〜50万円

銀行カードローンが提示する融資限度額は◯◯◯万円までと、大口融資を謳うところが多いですが、残念ながら専業主婦の場合は、最高限度額めいっぱい借りることは不可能。

というのも、限度額は年収に応じて割り当てられることが一般的。具体的な基準は公表されてはいないものの、ほとんどのカードローン会社ではこうした基準があるのは明白。

そのため、収入がなく夫の年収に頼る専業主婦には、低めの限度額に設定されています。30〜50万円が一般的です。

もし、この金額では足りないと感じるのなら、月々の返済をしっかり行うこと。毎月きちんと返済していれば、3ヶ月〜6ヶ月ほどで優良顧客として認められ、限度額の増額をしてもらうことも可能です。

逆に、毎月の返済を滞ったりしていると、カードローンの利用を停止されてお金が借りられなくなるばかりが、他のカードローンに申し込んでも審査落ちしてしまったり、夫にバレてしまうので注意してくださいね。